中国~ライラックの街からアカシアの街へ~

こんにちは。EMC旅行担当者です。梅雨に入りじめじめとした季節に入りました。嫌ですね。

今年は中国イヤーなのか、1月上海・蘇州・無錫、2月チベット、3月雲南と行かせていただき梅雨入りと同時に爽やかな風が吹く中国東北地方へ行ってまいりました。中国の東北地方と言いますと黒龍江省、吉林省、遼寧省の三省を指します。

まずライラックの花が咲いている黒龍江省の省都・哈爾浜に到着。ハルピン?ハルビン?どっち?正解はハルビンなのだそうです。ずっと私はハルピンだと思っていたんですが「ビ」と「ピ」の音が日本人には似ているのでハルピンとも言われてるようです。

その後現地日本語ガイドさんと合流し、列車に乗り換え約1時間半でさらに北にある斉斉哈爾へ。これはチチハルと読みます。チチハルを日本の地図に当てはめると北海道を通り越してサハリンまで行ってしまいます。サハリンと聞くと極寒のイメージがありますが、もちろん夏があります。短いんですが30度を超すこともあります。今回も寒くはなく天気も良くちょっと暑いくらいだったんです。チチハルの郊外へ出ると大きな湿地帯の公園があります。なんと東京都が入ってしまう大きさなんです。ここで出会えるのは丹頂鶴。ここでエサやりが行われ放鳥があり間近で見ることができます。本当の間近、しかも2羽や3羽ではなく結構な数です。20羽以上はいたんじゃないでしょうか。

IMG_9570

 

IMG_9636

ハルビンはロシアの影響が大きく街の中にはロシア正教会やロシア統治時代に造られた建物が残ってます。その中には著名人が数多く泊まった「モデルン・ホテル 馬迭爾賓館」があります。淡谷のり子さんの常宿だったんです。なんか名前の響きがいいですよね、モデルン。そのホテルの脇では「モデルン・アイスクリーム」が売られているんですが美味しい。さっぱりした感じのアイスキャンディーです。お土産屋さんにはロシア名物の人形マトリョーシカが売られていたりと中国の中で異国情緒を感じられるところです。

IMG_9673

IMG_9671

 

次の訪問地は吉林省に入り省都の長春で朝鮮風焼肉、続いての遼寧省の都・瀋陽では有名な餃子料理に舌鼓を打ちました。もちろん観光もしましたよ。(食い気の方が多いかもしれないですが)中国の餃子は蒸したり茹でたり殆どで焼きが少ないんです。焼き餃子にはバッチリ羽根がついてました。

IMG_9785 IMG_9888

最後の訪問地は大連。結構大連の名は聞いたことがあると思います。日露戦争の激戦地にもなったんですが、最近ではアカシア祭りで有名かもしれません。残念ながらアカシアの花はもう満開を過ぎてしまったんですが、なんとか少しだけ見ることができました。大連のアカシアはニセアカシアです、といいますか私たちがアカシアと呼んでいる殆どがニセアカシアだそうです。どちらもマメ科の植物です。

おそらく10年以上振りに大連を訪問したかと思うんですが、街はいろんなところで綺麗になっていました。海に面した広場の中では世界最大ともいわれている星海広場は平日にも関わらずたくさんの人がやってきていました。広場の沖合いには全長12キロにもなる海上の橋・星海大橋ができていたり、成長早い中国のひとコマを見るようです。と思えば日本統治時代の戦跡なども残っておりいろいろと考えさせられることもありました。日本統治時代、満鉄(南満州鉄道株式会社)が造った「大和ホテル」は雰囲気がありそれこそ100年前にタイムスリップしたような感じです。またレトロな雰囲気を漂わせてるのが路面電車なんです。走ってるんです、大連の街の中を。最新のモダンな車両もあるんですが、やっぱり昔ながらの車両ですよね。何とも言えない味があります。20分程レトロな車両に揺られながら近代化された大連の街を走り抜けました。大連では日本食を頂きました。ここは日本から2時間のフライトで来られる近い中国でたくさん日本人ビジネスマンがやってくるんです。ということはそれだけ日本食レストランが多いんです。しかも美味しいレストランが。天ぷら定食を頂きました。サクッとして美味しかったです。海鮮料理が有名でヒラメの刺身なんかもあり残った骨を揚げてくれたりするんです。が、しかし食い気が勝ってしまい撮影するのを忘れてしました。すみません。

IMG_9919IMG_0042

 

 

IMG_9939IMG_0006

IMG_9946

今回はハルビンから大連まで各都市シャングリラホテルに宿泊だったんです。さすが香港の老舗ホテル!正直場所によりサービスのムラがあったんですが、、、しかし、そこはシャングリラ!気持ちよく宿泊できました。朝食も中・洋・和があって楽しめました。和というとお寿司、味噌汁くらいが定番なんですが、長春シャングリラではなんとカレーライスがありました。もちろん日本のカレーライスでびっくりしました。ホテルライフを満喫とまではいかないですがプールで泳いだりとリフレッシュできました。

IMG_9697IMG_9788IMG_9894IMG_9964

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく中国の他の地域と比べると、訪れることが少ないかもしれないですが、一味違う中国を楽しむにはこの東北地方はいいところだと思います。

暑い4月のスイスから🇨🇭

皆様こんにちは。EMC旅行担当者です。

寒い冬が終わって春が来たと思っていたら結構暑い日も出てきて服装の準備も難しくなってきていた4月の頃。

今回私はスイスへ行ってまいりした。4月にスイスを訪れるのは初めてだったんです。まだ日中でも寒いだろうなあと思っていたのですが…はじめの乗り継ぎ地フランクフルト到着前の機内アナウンスで29度だと知らされ、「え、聞き間違い?」と思ったのですが正解だったのです。今回1週間の滞在だったのですが暑いスイスとなりました。

3大名峰を巡る最初の訪問地はシャモニー。正式名はシャモニー・モン・ブラン。ここはスイスではなくフランスなのですがスイスのフランス語圏にあるジュネーブから車で1時間くらいと気軽に来ることが出来るのです。ここには3大名峰の一つモンブランが鎮座するのです。モンブランはアルプスの中で最も高い山。フランスとイタリアにまたがる山でイタリアではモンテ・ビアンコ、その名の通り、白い山という意味です。モンブランを中心とした山々を見るためのエギーユ・デュ・ミディ展望台へはシャモニーの町からロープウェイを一度乗り継いで高低差2900mをわずか20分で到着。今回はめちゃくちゃ天気が良かったのです。360度の大パノラマ!なんと遠くに綺麗な三角形のマッターホルン見えました!ホントにこんなことあんまりないんです。

IMG_9147

IMG_9149

続いてはツェルマットへ。ここは排気ガスを出す車は一切乗り入れ禁止なので一つ手前のテーシュ駅から列車で入るのですが10分余りでツェルマットに到着。この街で見かける車は全て電気自動車で一台日本円で1000万円以上する高級車ばかりなんです。可愛く見えるんですがお値段は可愛くないです。駅を出るとすぐにマッターホルン(標高4478m)が見えるんです。もちろん天気が良ければですが。ここもバッチリ見えたんです。今回の滞在では街から、鉄道に乗ってゴルナーグラート展望台から、そしてヨーロッパで最高所の標高3883mにある展望台クラインマッターホルンからと3カ所からマッターホルンを始めとすら山々を堪能しました。4月だったんで春スキーが最後の頃でしょうか、至る所でスキー板を担いで山に上がってる人たちを見かけました。スキーでスイスからイタリアへという楽しみ方もできるんです。羨ましい!ツェルマットはもしかしたらスイスに来る日本人観光客いや世界の観光客も必ず訪れる場所かもしれないです。夏の観光シーズンピークは「え、ここは日本⁈」と思うくらい日本人が訪れます。

IMG_9383

 

IMG_9389

最後の3大名峰はユングフラウ(標高4158m)。ということでその麓にある村ヴェンゲンに宿泊です。ここも車乗り入れ禁止なので列車で到着。ここからユングフラウは正面に見えるんですね。到着して日は低地でも雨が降ったので残念ながら明日まで辛抱。少し心配しましたが翌朝起きると見事な快晴!そしてユングフラウもバッチリ村からでも見られました。日頃の行いが良かったのでしょうか(笑)。列車で高度を上げどんどんユングフラウに近づいて来ると否が応でも気持ちが高揚してきます。途中乗換駅では目の前にアイガーとメンヒという山も本当、目の当たりにして見ることが出来るんです。アイガーとメンヒをくり抜いて作られたユングフラウ鉄道に乗って到着するとそこがユングフラウの「肩」に作られたユングフラウヨッホ展望台。この駅は標高3454mで展望台まで上がると標高3466mで間近でユングフラウとメンヒが見られるのとその間にはヨーロッパ最大のアレッチ氷河が流れてるんです。他にはアイスパレスという氷の彫刻を見られる氷の洞窟や雪原に出られたら、また世界最高所にあるチョコレート屋さんという肩書きのある有名な「リンツ」があるのです。

IMG_9315

IMG_9337

今回の3大名峰の旅はパーフェクト過ぎるくらいパーフェクト!私は毎年スイスに来させていただいてますが、正直今回は文句なし、今までの中でNo.1!山が見え過ぎました。

今年は後2回スイスにやって参りますのでまた違ったスイスをお届け致します。

乞うご期待!