IMG_0061

中国~ライラックの街からアカシアの街へ~

こんにちは。EMC旅行担当者です。梅雨に入りじめじめとした季節に入りました。嫌ですね。

今年は中国イヤーなのか、1月上海・蘇州・無錫、2月チベット、3月雲南と行かせていただき梅雨入りと同時に爽やかな風が吹く中国東北地方へ行ってまいりました。中国の東北地方と言いますと黒龍江省、吉林省、遼寧省の三省を指します。

まずライラックの花が咲いている黒龍江省の省都・哈爾浜に到着。ハルピン?ハルビン?どっち?正解はハルビンなのだそうです。ずっと私はハルピンだと思っていたんですが「ビ」と「ピ」の音が日本人には似ているのでハルピンとも言われてるようです。

その後現地日本語ガイドさんと合流し、列車に乗り換え約1時間半でさらに北にある斉斉哈爾へ。これはチチハルと読みます。チチハルを日本の地図に当てはめると北海道を通り越してサハリンまで行ってしまいます。サハリンと聞くと極寒のイメージがありますが、もちろん夏があります。短いんですが30度を超すこともあります。今回も寒くはなく天気も良くちょっと暑いくらいだったんです。チチハルの郊外へ出ると大きな湿地帯の公園があります。なんと東京都が入ってしまう大きさなんです。ここで出会えるのは丹頂鶴。ここでエサやりが行われ放鳥があり間近で見ることができます。本当の間近、しかも2羽や3羽ではなく結構な数です。20羽以上はいたんじゃないでしょうか。

IMG_9570

 

IMG_9636

ハルビンはロシアの影響が大きく街の中にはロシア正教会やロシア統治時代に造られた建物が残ってます。その中には著名人が数多く泊まった「モデルン・ホテル 馬迭爾賓館」があります。淡谷のり子さんの常宿だったんです。なんか名前の響きがいいですよね、モデルン。そのホテルの脇では「モデルン・アイスクリーム」が売られているんですが美味しい。さっぱりした感じのアイスキャンディーです。お土産屋さんにはロシア名物の人形マトリョーシカが売られていたりと中国の中で異国情緒を感じられるところです。

IMG_9673

IMG_9671

 

次の訪問地は吉林省に入り省都の長春で朝鮮風焼肉、続いての遼寧省の都・瀋陽では有名な餃子料理に舌鼓を打ちました。もちろん観光もしましたよ。(食い気の方が多いかもしれないですが)中国の餃子は蒸したり茹でたり殆どで焼きが少ないんです。焼き餃子にはバッチリ羽根がついてました。

IMG_9785 IMG_9888

最後の訪問地は大連。結構大連の名は聞いたことがあると思います。日露戦争の激戦地にもなったんですが、最近ではアカシア祭りで有名かもしれません。残念ながらアカシアの花はもう満開を過ぎてしまったんですが、なんとか少しだけ見ることができました。大連のアカシアはニセアカシアです、といいますか私たちがアカシアと呼んでいる殆どがニセアカシアだそうです。どちらもマメ科の植物です。

おそらく10年以上振りに大連を訪問したかと思うんですが、街はいろんなところで綺麗になっていました。海に面した広場の中では世界最大ともいわれている星海広場は平日にも関わらずたくさんの人がやってきていました。広場の沖合いには全長12キロにもなる海上の橋・星海大橋ができていたり、成長早い中国のひとコマを見るようです。と思えば日本統治時代の戦跡なども残っておりいろいろと考えさせられることもありました。日本統治時代、満鉄(南満州鉄道株式会社)が造った「大和ホテル」は雰囲気がありそれこそ100年前にタイムスリップしたような感じです。またレトロな雰囲気を漂わせてるのが路面電車なんです。走ってるんです、大連の街の中を。最新のモダンな車両もあるんですが、やっぱり昔ながらの車両ですよね。何とも言えない味があります。20分程レトロな車両に揺られながら近代化された大連の街を走り抜けました。大連では日本食を頂きました。ここは日本から2時間のフライトで来られる近い中国でたくさん日本人ビジネスマンがやってくるんです。ということはそれだけ日本食レストランが多いんです。しかも美味しいレストランが。天ぷら定食を頂きました。サクッとして美味しかったです。海鮮料理が有名でヒラメの刺身なんかもあり残った骨を揚げてくれたりするんです。が、しかし食い気が勝ってしまい撮影するのを忘れてしました。すみません。

IMG_9919IMG_0042

 

 

IMG_9939IMG_0006

IMG_9946

今回はハルビンから大連まで各都市シャングリラホテルに宿泊だったんです。さすが香港の老舗ホテル!正直場所によりサービスのムラがあったんですが、、、しかし、そこはシャングリラ!気持ちよく宿泊できました。朝食も中・洋・和があって楽しめました。和というとお寿司、味噌汁くらいが定番なんですが、長春シャングリラではなんとカレーライスがありました。もちろん日本のカレーライスでびっくりしました。ホテルライフを満喫とまではいかないですがプールで泳いだりとリフレッシュできました。

IMG_9697IMG_9788IMG_9894IMG_9964

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく中国の他の地域と比べると、訪れることが少ないかもしれないですが、一味違う中国を楽しむにはこの東北地方はいいところだと思います。