またまたスイスへ🇨🇭

こんにちは。EMC旅行担当者です。
まだまだ暑いですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。ムンムンとする暑さでくれぐれも熱中症対策には万全を期してください。

さて今回はまたまたスイスへ行ってまいりました。今年は4月に続いて2回目となるんですが、夏の観光シーズン真っ只中!観光客がうじゃうじゃやって来ておりました(あ、失礼)

たくさんの観光客が世界中から集まる中、もちろん日本からもたくさんやって来ておりました。マッターホルンの見える町ツェルマットにもたくさんの日本人がいて「ここは日本か?」と思えるほどです。

今回はツェルマットからゴルナーグラート鉄道に乗って15分ほどでリッフェルアルプという駅に到着。そしてそこからかわいいトロッコ列車に乗って3分ほどで山の中の五つ星リゾートホテル「リッフェルアルプ・リゾート2222」に到着します。名前からもおわかりの通りこのホテルは標高2222メートルの地点に築かれてるのです。そしてこのリッフェルアルプにはほかに建物やホテルがなりません。ということでとっても静か!そして真正面にはマッターホルン!!このホテルに泊まった者だけの特権なのです。

riffelalp2

Riffelalp5Riffelalp4

 

ホテルは落ち着いた重厚な雰囲気、そしてお洒落。日本人とはセンスが違って何でもお洒落にしちゃいますよね。チェックイン時にレセプションで「ホテル内ではお静かに願います。」と。見抜かれたのかと思うと、そうではなくどのお客さんにも言われてるみたいでした。

Riffelalp3

廊下にいる無数の羊の置物。ガラス板を支える熊のテーブルや熊のランプなどなど。落ち着いた雰囲気の中にも、かわいい要素が散りばめられています。

IMG_0763IMG_0764

中でも感動したのがシャワートイレ!スイスでは初めてだったのでびっくり!山の中でですよ。日本じゃもちろん一般的ですし最近じゃ日本のシャワートイレを知っている外国人も体験済みの外国人もいますがスイスの山奥にシャワートイレがあるなんて、感動すら覚えます。

夕食も滞在中はホテル内のレストランでいただきました。ここでの感動は朝からスパークリングワイン!結構ヨーロッパでは朝食のビュッフェに置いてあるところはありますし、スイスのシルトホルンという展望台にある回転レストランにある「ジェームスボンドの朝食」の中にはスパークリングワインがあるんですが、一般的なスイスの朝食ではあまり見かけたことはないです。ということで朝から1杯、2杯…と頂きました。

Riffelalp7

2泊の滞在でしたので、2日目には部屋の掃除やベッドメイクをやってくれるのですが、部屋に戻るとベッドの上には「ロクシタンのハンドクリーム」が置いてあったんです。さすがですね。

Riffelalp10

ということで、いつもと違ったスイスのツアーだったんですが、今回は「リッフェルアルプ・リゾート2222」に酔いしれました。辛口批評をしている私ですが、このホテルには大満足致しました。今季はもう1回スイスへ行って参ります。やっぱり夏のスイスは日本人に大人気です。スイスのPCに「EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町」!

Riffelalp13スイスのホテルのPCに「EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町」!

中国~ライラックの街からアカシアの街へ~

こんにちは。EMC旅行担当者です。梅雨に入りじめじめとした季節に入りました。嫌ですね。

今年は中国イヤーなのか、1月上海・蘇州・無錫、2月チベット、3月雲南と行かせていただき梅雨入りと同時に爽やかな風が吹く中国東北地方へ行ってまいりました。中国の東北地方と言いますと黒龍江省、吉林省、遼寧省の三省を指します。

まずライラックの花が咲いている黒龍江省の省都・哈爾浜に到着。ハルピン?ハルビン?どっち?正解はハルビンなのだそうです。ずっと私はハルピンだと思っていたんですが「ビ」と「ピ」の音が日本人には似ているのでハルピンとも言われてるようです。

その後現地日本語ガイドさんと合流し、列車に乗り換え約1時間半でさらに北にある斉斉哈爾へ。これはチチハルと読みます。チチハルを日本の地図に当てはめると北海道を通り越してサハリンまで行ってしまいます。サハリンと聞くと極寒のイメージがありますが、もちろん夏があります。短いんですが30度を超すこともあります。今回も寒くはなく天気も良くちょっと暑いくらいだったんです。チチハルの郊外へ出ると大きな湿地帯の公園があります。なんと東京都が入ってしまう大きさなんです。ここで出会えるのは丹頂鶴。ここでエサやりが行われ放鳥があり間近で見ることができます。本当の間近、しかも2羽や3羽ではなく結構な数です。20羽以上はいたんじゃないでしょうか。

IMG_9570

 

IMG_9636

ハルビンはロシアの影響が大きく街の中にはロシア正教会やロシア統治時代に造られた建物が残ってます。その中には著名人が数多く泊まった「モデルン・ホテル 馬迭爾賓館」があります。淡谷のり子さんの常宿だったんです。なんか名前の響きがいいですよね、モデルン。そのホテルの脇では「モデルン・アイスクリーム」が売られているんですが美味しい。さっぱりした感じのアイスキャンディーです。お土産屋さんにはロシア名物の人形マトリョーシカが売られていたりと中国の中で異国情緒を感じられるところです。

IMG_9673

IMG_9671

 

次の訪問地は吉林省に入り省都の長春で朝鮮風焼肉、続いての遼寧省の都・瀋陽では有名な餃子料理に舌鼓を打ちました。もちろん観光もしましたよ。(食い気の方が多いかもしれないですが)中国の餃子は蒸したり茹でたり殆どで焼きが少ないんです。焼き餃子にはバッチリ羽根がついてました。

IMG_9785 IMG_9888

最後の訪問地は大連。結構大連の名は聞いたことがあると思います。日露戦争の激戦地にもなったんですが、最近ではアカシア祭りで有名かもしれません。残念ながらアカシアの花はもう満開を過ぎてしまったんですが、なんとか少しだけ見ることができました。大連のアカシアはニセアカシアです、といいますか私たちがアカシアと呼んでいる殆どがニセアカシアだそうです。どちらもマメ科の植物です。

おそらく10年以上振りに大連を訪問したかと思うんですが、街はいろんなところで綺麗になっていました。海に面した広場の中では世界最大ともいわれている星海広場は平日にも関わらずたくさんの人がやってきていました。広場の沖合いには全長12キロにもなる海上の橋・星海大橋ができていたり、成長早い中国のひとコマを見るようです。と思えば日本統治時代の戦跡なども残っておりいろいろと考えさせられることもありました。日本統治時代、満鉄(南満州鉄道株式会社)が造った「大和ホテル」は雰囲気がありそれこそ100年前にタイムスリップしたような感じです。またレトロな雰囲気を漂わせてるのが路面電車なんです。走ってるんです、大連の街の中を。最新のモダンな車両もあるんですが、やっぱり昔ながらの車両ですよね。何とも言えない味があります。20分程レトロな車両に揺られながら近代化された大連の街を走り抜けました。大連では日本食を頂きました。ここは日本から2時間のフライトで来られる近い中国でたくさん日本人ビジネスマンがやってくるんです。ということはそれだけ日本食レストランが多いんです。しかも美味しいレストランが。天ぷら定食を頂きました。サクッとして美味しかったです。海鮮料理が有名でヒラメの刺身なんかもあり残った骨を揚げてくれたりするんです。が、しかし食い気が勝ってしまい撮影するのを忘れてしました。すみません。

IMG_9919IMG_0042

 

 

IMG_9939IMG_0006

IMG_9946

今回はハルビンから大連まで各都市シャングリラホテルに宿泊だったんです。さすが香港の老舗ホテル!正直場所によりサービスのムラがあったんですが、、、しかし、そこはシャングリラ!気持ちよく宿泊できました。朝食も中・洋・和があって楽しめました。和というとお寿司、味噌汁くらいが定番なんですが、長春シャングリラではなんとカレーライスがありました。もちろん日本のカレーライスでびっくりしました。ホテルライフを満喫とまではいかないですがプールで泳いだりとリフレッシュできました。

IMG_9697IMG_9788IMG_9894IMG_9964

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく中国の他の地域と比べると、訪れることが少ないかもしれないですが、一味違う中国を楽しむにはこの東北地方はいいところだと思います。

暑い4月のスイスから🇨🇭

皆様こんにちは。EMC旅行担当者です。

寒い冬が終わって春が来たと思っていたら結構暑い日も出てきて服装の準備も難しくなってきていた4月の頃。

今回私はスイスへ行ってまいりした。4月にスイスを訪れるのは初めてだったんです。まだ日中でも寒いだろうなあと思っていたのですが…はじめの乗り継ぎ地フランクフルト到着前の機内アナウンスで29度だと知らされ、「え、聞き間違い?」と思ったのですが正解だったのです。今回1週間の滞在だったのですが暑いスイスとなりました。

3大名峰を巡る最初の訪問地はシャモニー。正式名はシャモニー・モン・ブラン。ここはスイスではなくフランスなのですがスイスのフランス語圏にあるジュネーブから車で1時間くらいと気軽に来ることが出来るのです。ここには3大名峰の一つモンブランが鎮座するのです。モンブランはアルプスの中で最も高い山。フランスとイタリアにまたがる山でイタリアではモンテ・ビアンコ、その名の通り、白い山という意味です。モンブランを中心とした山々を見るためのエギーユ・デュ・ミディ展望台へはシャモニーの町からロープウェイを一度乗り継いで高低差2900mをわずか20分で到着。今回はめちゃくちゃ天気が良かったのです。360度の大パノラマ!なんと遠くに綺麗な三角形のマッターホルン見えました!ホントにこんなことあんまりないんです。

IMG_9147

IMG_9149

続いてはツェルマットへ。ここは排気ガスを出す車は一切乗り入れ禁止なので一つ手前のテーシュ駅から列車で入るのですが10分余りでツェルマットに到着。この街で見かける車は全て電気自動車で一台日本円で1000万円以上する高級車ばかりなんです。可愛く見えるんですがお値段は可愛くないです。駅を出るとすぐにマッターホルン(標高4478m)が見えるんです。もちろん天気が良ければですが。ここもバッチリ見えたんです。今回の滞在では街から、鉄道に乗ってゴルナーグラート展望台から、そしてヨーロッパで最高所の標高3883mにある展望台クラインマッターホルンからと3カ所からマッターホルンを始めとすら山々を堪能しました。4月だったんで春スキーが最後の頃でしょうか、至る所でスキー板を担いで山に上がってる人たちを見かけました。スキーでスイスからイタリアへという楽しみ方もできるんです。羨ましい!ツェルマットはもしかしたらスイスに来る日本人観光客いや世界の観光客も必ず訪れる場所かもしれないです。夏の観光シーズンピークは「え、ここは日本⁈」と思うくらい日本人が訪れます。

IMG_9383

 

IMG_9389

最後の3大名峰はユングフラウ(標高4158m)。ということでその麓にある村ヴェンゲンに宿泊です。ここも車乗り入れ禁止なので列車で到着。ここからユングフラウは正面に見えるんですね。到着して日は低地でも雨が降ったので残念ながら明日まで辛抱。少し心配しましたが翌朝起きると見事な快晴!そしてユングフラウもバッチリ村からでも見られました。日頃の行いが良かったのでしょうか(笑)。列車で高度を上げどんどんユングフラウに近づいて来ると否が応でも気持ちが高揚してきます。途中乗換駅では目の前にアイガーとメンヒという山も本当、目の当たりにして見ることが出来るんです。アイガーとメンヒをくり抜いて作られたユングフラウ鉄道に乗って到着するとそこがユングフラウの「肩」に作られたユングフラウヨッホ展望台。この駅は標高3454mで展望台まで上がると標高3466mで間近でユングフラウとメンヒが見られるのとその間にはヨーロッパ最大のアレッチ氷河が流れてるんです。他にはアイスパレスという氷の彫刻を見られる氷の洞窟や雪原に出られたら、また世界最高所にあるチョコレート屋さんという肩書きのある有名な「リンツ」があるのです。

IMG_9315

IMG_9337

今回の3大名峰の旅はパーフェクト過ぎるくらいパーフェクト!私は毎年スイスに来させていただいてますが、正直今回は文句なし、今までの中でNo.1!山が見え過ぎました。

今年は後2回スイスにやって参りますのでまた違ったスイスをお届け致します。

乞うご期待!

EMC旅行事業のハイライト♪

お久し振りです、EMC旅行担当者です。皆様お元気ですか?私は相変わらず元気に世界各国へ飛び回っています。私事ながらステーションの中に入る事になりましたのでどうぞよろしくお願い致します。

さて、2018年がスタートし早くも4月となりいろんな事のスタートの季節ともなりました。四半期の総集編ではないですが1〜3月までのハイライトをお届けします。

1月
キューバへと行ってまいりました。相変わらずのキューバ!私、大、大、大好きです!街の中に、生活の中に音楽と(ラム)酒が入り込んでいる国!おそらくこういった国はほかにそうそうないと思います。ちょっと歩けば音楽が聞こえ人々は踊り、ちょっと歩けばモヒートやダイキリがあり人々が酒を飲んでは笑い、決して豊かではないのですが幸せだと感じている国民は殆どじゃないでしょうか。チェゲバラやヘミングウェイとキューバからすると外国人も何かしらキューバの虜になってしまったのも頷けるところがあります。

IMG_6879

IMG_6927

2月
中国チベットへと行ってまいりました。チベットというとどんなイメージをお持ちですか?標高3000メートル以上の高地に住むチベット仏教を信仰する人々…宗教がいかに生活の支えになっているのかを実感できる場所。ポタラ宮やジョカン寺、セラ寺などディープなチベットを体感しました。

IMG_7746

 

IMG_7807

3月
イタリアとエチオピアへ行ってまいりました。
イタリアは主に北部を周ってきました。今回通常なかなか行かないところへ行ってまいりました。パトヴァという街にあるスクロヴェーニ礼拝堂を訪れました。イタリアの著名な中世後期に活躍した画家で建築家のジョットが製作したフレスコ画がとても素晴らしく、それを見るだけでもパドヴァへ来る価値がある、ダヴィンチの「最後の晩餐」に勝るとも劣らない、そういった形容がピタッと当てはまるフレスコ画があります。ほかなかなか宿泊することのないリヴォルノに泊まりました。ホテル「グランド・ホテル・パラッツオ」という100年以上の歴史の由緒あるホテルに泊まりました。

IMG_8506IMG_8520

 

 

 

 

 

 

エチオピアは久々、5年振りの旅行でした。今回初めて行くダロール盆地へと行ったのですが、ここはよく「世界で最も過酷な地」とも形容される場所です。海面下にあり火山があり常に熱がこもる場所なのです。夏にもなると気温は50度を越すこともあります。そんな場所に何を見に行くのか?アフリカ大地溝帯はかつて海の底にあり塩湖があります。そこで古来、塩を採っていました。昔ながらの方法で今なお塩が採られています。ということでこのダロールにテント泊したのですが寝られない!夜になっても熱がこもって、こんなに汗をかき寝苦しい夜を過ごしたのは何年振り?いや、初めてかもしれない。それでもエチオピアは訪れる価値はあります。唯一無二の風景、エチオピア正教という世界でも最も部類に入る古いキリスト教宗派の国、そして私も大、大、大好きなコーヒーの発祥はこのエチオピア!カファ地方原産で名前からもわかるようにカファが訛ってコーヒーとなりました。大変有名な「トモカコーヒー」で買い物したりと満喫致しました。

IMG_8783IMG_8872

これからもどんどん世界中を飛び回っては皆様にご報告致します。乞うご期待くださいませ!

祝周年

おかげさまで当社も3周年を迎えることができました。

これも皆様のお力添えの賜物であると感謝しております。

周年の日に、豪華な花や胡蝶蘭をいただき大変感謝しております。

これからも頑張って参りますので、何卒宜しくお願い致します。

株式会社エフェクメディカルケア

代表取締役社長 福田 良太

専務取締役 山崎 大陸

取締役 赤岡 忠明

周年花2エフェクトメディカルケア

スリランカへ!

お久しぶりです。EMC旅行担当者です。

今回は久々の6年振りのスリランカへと行ってまいりました。皆さん、スリランカがどこにあるかご存知ですか?国名はもちろんご存知かと思うのですが場所はとなると、あれ、どこだったかな?と思われる方は多いと思います。インドの右横にある島と聞かれると、あぁと頷かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スリランカは1948年イギリスから独立したのですが他の国よりもいち早く独立の4年後には日本と国交を樹立しました。またイギリス統治時代に昭和天皇がスリランカを訪れました。

2017年夏・総括~PART 2~

こんにちは。お元気ですか。前回のスイスに引き継づいてのパート2です。

今回はスペイン。ヨーロッパの定番人気観光国なんですが、先日第2の都市バルセロナでテロが発生し13人が犠牲となり100人以上の方が負傷しました。なんと惨いことをするのでしょうか。一刻も早くこういう悲しい出来事がなくなるようにと願うばかりです。そういう思いを込めお伝えいたします。

今回は真夏の訪問ということで気温は43度!暑い。そりゃ当然ですよね。ただ日本と違うのは湿気がない。日差しは勿論強いのですが日陰に入れば凌げる暑さなのです。マドリード、コルドバ、セビージャ、グラナダ、バルセロナといった定番都市は必ずと言っていいくらい訪れます。今回私が10年振りに訪れた町をご紹介します。

アンダルシア地方のロンダという町を訪れました。ここは崖の上の町。来てみても崖の上なので気づかないんですが崖の淵に来るとよくわかります。新市街から旧市街に入る時に2つの岩山を繋ぐようにヌエボ橋(新橋)が掛かってるんですが崖の下まで100m。橋から覗き込むと足がすくんでしまいそうです。またこの町はスペインの国技とも言われる闘牛で有名な町。近代闘牛を確立させた英雄フランシスコ・ロメーロが生まれ、世界で初めて円形の闘牛場ができたのがこのロンダなんです。小さな町なんですが見る価値は十分にあります。そして織田裕二さん主演の映画「アンダルシア 女神の報復」の舞台にもなりました。

IMG_4136 IMG_4138 IMG_4152

そしてアンダルシア名物のフラメンコフラメンコというとスペインのイメージとして定着してますがその本場と言えばアンダルシア。その中でもグラナダの洞窟タブラオ(フラメンコが行なわれる場所)は最も迫力あるフラメンコが見られる場所ではないでしょうか。丘の町の中にあるタブラオで小さな車かタクシーなどを使って移動します。細長い洞窟はかつてジプシーが生活で使っていたもので、そういった歴史背景もありより一層フラメンコに情熱を加えます。一言でフラメンコの魅力を伝えるのも難しいのですが、一気に吐き出される人間の内なる激しい思いをまざまざと見せつけられるんですね。

IMG_4184

私が大好きなスペイン料理がパエリア。何と言ってもお米が入った料理ですからね。バレンシアが発祥と言われてるんですが、元々はウサギの肉などが入った山の幸の料理だったんです。次第にアレンジされていき日本人も大好きなシーフードパエリアなどが登場しました。やっぱりシーフードがいいですよね。因みにお米はイスラム教徒がスペインに持ち込んだものなのです。お米のほかオレンジ、サフランなんかも北アフリカから。ということは今のスペイン料理というとイスラムと大きな関りがあるんです。料理だけではなく特にアンダルシアで見られる美しいブルータイルも、アルハンブラ宮殿に代表される建築物もイスラムなくしてありえないものばかりです。だからほかのヨーロッパの国々とはまた違った魅力があるんです。

バルセロナに来るといつも訪れるレストランでパエリアをいただきました。何と出てくるまでに50分待ち。気長な私も怒って帰ろうかなと思ったくらいです笑。こちらの人は本当に気にしないんですね。でも美味しかったんで許します。

IMG_4201

このレストランはバルセロナの一番の繁華街ランブラス通りあるんです。ここは誰もが訪れる場所、一年中人の波が絶えることのない場所。日本から訪れる観光客もここは必ずやってきます。誰もが楽しい時間を過ごす為にやって来るこの場所を狙ってテロが行われたことには憎悪のほか言葉が受かりません。バルセロナやスペインの人たちが早くこの悲しみから立ち直り明るい笑顔を見せてくれるのを楽しみにしています。

EMC(ヨコ)

 

 

 

 

タイ王室のリゾート地・ホアヒン

皆さん、こんにちは。旅行事業担当者です。お元気ですか?お久しぶりです。

今回はタイのホアヒンという街へ行ってきました。毎年夏に家族を引き連れ、「添乗員」をしているのですが今年は8名の大所帯で行ってまいりました。というのも夏の観光シーズン真っ盛りということで価格や混雑を考慮すると選択肢がなくタイに決まりました。タイもいろいろと行かせていただいておりますが、そんな中どこが面白いだろうと思っておりました。私、前々から一度行ってみたい、いや、やってみたいことがありました。それはタイのヴィンヤードで象に乗る!ヴィンヤードとはワイン作りのためのブドウ畑なんですがそこで象に乗って周ることができる場所があるのです。それがタイのホアヒン。タイでワインが作られているというのも驚きなのですがそこで象に乗られるのは世界広しといえどもこのタイだけです。という訳で私の独断と偏見でホアヒンに決定!

ホアヒンは元々タイ王室のリゾート地として知られている所で街には活気がありますがどことなく落ち着いた気品漂うところなのです。何年前か日本人旅行客が品のない行動で大ひんしゅくを買いましたがもってのほかなのです。

タイというと暑いイメージがあります。もちろん暑いことに間違いはないのですが、日本の夏の殺人的な暑さを考えると幾分過ごしやすいです。観光には適さない雨季になるのですが、その分日差しが遮られます。もちろん暑さ対策はしなければなりませんのでこの時期にタイへ行かれる場合はご注意ください。

IMG_4281 IMG_4289

まず早朝首都のバンコクに到着し、ここから手配した専用バンに乗り中部の街ホアヒンへは200km、休憩を挟んで3時間のドライブ。到着した日はフライトの疲れもありしばらく休んでから夕食に合わせて街へ出かけました。宿泊している所はチャアムというエリアでホアヒンからは車で20分。街の騒々しさからは離れているので静かに滞在できる場所です。ホアヒンまではタクシーで移動。タイに来るとナイトマーケットが面白いですよね。毎日このように賑やかであるとはそのパワーを感じます。

IMG_4293

次の日、このツアーのメインイベント、ヴィンヤードへ。内陸に位置しており車で1時間弱。「モンスーン・バレー・ヴィンヤード」という名前でなんともタイらしい。到着するとそのまま受付へ。この時期ホアヒン自体が観光シーズンでもないので予約なしで手続きが終了。待つこと45分。いよいよ象に乗ってブドウ畑を周りました。象の上という事でゆっさゆっさと揺られながらの15分。30分コースもあるのですが15分で十分です。ブドウ畑と象、何とも不思議な光景です。いつしか偶然雑誌で見たブドウ畑を周る象がまさにここに!終わるとそのままヴィンヤードにあるレストランでランチをいただきました。ここはヨーロッパスタイル。店員さんも流暢に英語を話します。という事でメニュはヨーロピアン、私はシーフード・パスタをいただきました。もちろんここで作られているワインも忘れずに注文。厳密に言うとここで採れたブドウはバンコクへ運ばれてワインへと加工されるようです。ワインは少し酸味がありフルーティで美味しくいただけました。パスタはタイ風の味付けなのか辛く仕上がってました。メンバーの中には辛いのが苦手な者がいますので辛さは少ーしだけとお願いしたのですが…それでも辛い!郷に入っては郷に従えです。本当にここだけ見てるとタイなのかヨーロッパなのかという錯覚に陥ります。ヴィンヤードを堪能し再びホテルへ。

IMG_4377

IMG_4354

IMG_4316IMG_4349

IMG_4472

IMG_4473

ホアヒン最終日は街郊外にある水上マーケットへ行き散策し、夜はホテル近くのレストランで夕食、そしてそのままマッサージ店へ。とにかくタイはどこに行ってもマッサージ店がありそして安い。足マッサージを受けたのですが1時間で250バーツ。日本円にすると900円位です。しっかりと揉みほぐしてもらい癒されました。

IMG_4427

最終日はバンコクへ移動しお買い物&最後の晩餐。買い物は定番の「マーブン・クロン・センター」でタイシルクのスカーフやレモングラスのお香などを買い、夕食はちょっと背伸びをし、口コミでも人気のタイ北部料理レストランへ行ってまいりました。「タイ・ラオ・イェー」というレストランでホテルの中に入っているんですが、ホテル自体コロニアル風の建物で内装も調度品もとても趣のあるものばかり。100年以上前のものであろうかルイ・ヴィトンのトランクや鳥かごなどオーナーのセンスが感じられるものがたくさん飾られています。気になって聞いてみると建物は5年前に建てられた新しいもので古く見えるように造られているそうです。さすがに調度品はすべて本物。お洒落です。お食事は小皿料理のセットメニュで出してもらい全部で15種類ありました。足りないかなと思いきや結構お腹いっぱいになりました。定番のトムヤンクンも上品に仕上がってました。口も目も十分堪能しホテルへ。最後の夜を過ごし、翌日飛行機に乗り帰国の途へ。

IMG_4460

IMG_4461

IMG_4467

タイはどこへ行っても実に面白い。同じアジア人なのでより親しみも湧きますし、料理も美味しくいただけます。アジア人共通の感覚も持ち合わせているので何かと落ち着きますね。8月のタイというのも一つのお勧めです。

まだまだ残暑が厳しいですが熱中症にはどうぞお気を付けください。また世界のどちらからか旅のお便り致します。乞うご期待!

赤毛のアンの故郷~プリンスエドワード島・パート2

皆さん、こんにちは。

カナダのパート2になります。

今回は前回に続きにカナダの東からお届けします。かなりお待たせいたしました。

さて、前回からの続きです。ノバスコシア州の観光を終えいよいよアンのいるプリンスエドワード島へ行くのですが、行き方は2通りあります。橋を渡るか、船で渡るか。

IMG_3230

私たちは赤毛のアンと同じく船で渡りました。こちらの方が情緒があります。

船で1時間余り、束の間の船の旅です。中には小さいながらもカフェテリアがあります。この日は夜な夜な到着しましたので(とはいうもののまだ明るい)そのままホテルで就寝。

改めましてプリンスエドワード島の観光へ。プリンスエドワード州の州都になっているシャーロットタウンはカナダの建国に関わっている街なのです。こんな小さな街(といったら失礼ですね) この街では買い物やお食事を摂りました。州で島で一番の繁華街なのでやはり買い物しちゃいますね。

IMG_3263IMG_3236IMG_3251

プリンスエドワード島は一番は赤毛のアンに代表されるようにアンにまつわる地を巡る観光が代表的なんですが、プラス今、料理が熱いんです。地産地消を奨励してるんですがロブスターやムール貝などの海産物や牛肉、乳製品などの畜産物がカナダの中でもとても美味しいということで美味しいレストランがたくさんあるんです。ロブスターの缶詰をお土産物として買って帰る方もたくさんいらっしゃいます。私もこの滞在中たっぷりのロブスターやたっぷりの牛肉バーガーをいただきました。美味しいの一言に尽きます。

メインは赤毛のアンの舞台・キャベンディッシュへ。ここまで来ると本当に田舎街。シャーロットタウンから小1時間しかかからないのですがとても静かでのどかなところです。まさに赤毛のアンの世界!アンが暮らした家を忠実に再現した「グリーンゲーブルズ・ハウス」、グリーンゲーブルズ郵便局、作者であるL.M.モンゴメリの生家やお墓、実際にモンゴメリが勤めていた「グリーンゲーブルズ郵便局」などなど赤毛のアン好きの方には堪らない観光地がたくさんあります。

IMG_3325 IMG_3329 IMG_3334 IMG_3338 IMG_3349 IMG_3351 IMG_3353

また、海の幸に恵まれたプリンスエドワード島に来たら何と言ってもロブスター!(残念ながらあまりの美味しさに撮り忘れました!すみません。)大きなロブスターでかなりの食べ応えでした。味も◎。

プリンスエドワード島というとやはり赤毛のアンの影響もあり女性のお客様が多いのですが、男性も間違いなく楽しめる観光地です。

赤毛のアンの故郷〜プリンスエドワード島・パート1〜

皆さん、こんにちは。
ご無沙汰しております、旅行事業担当者です。

梅雨入りしたものの雨が降らず、なんだか夏になってしまったようなお天気ですね。

そんな中、私は日本から1万キロと離れたカナダのノバスコシア州とプリンスエドワードアイランド州へ行ってまいりました。
この2つの州ですがカナダの東端に位置し、アトランティックカナダのと呼ばれる4州の中にあります。

まず大阪伊丹空港から出発し、羽田→トロント→ハリファックスへと大移動となりました。
大方1日半の空の旅だったんですが到着したその日は嵐。
久々に飛行機の揺れを体感しノバスコシア州の州都ハリファックスに到着しました。
その日は夜遅くに到着しましたのでそのまま就寝しました。

翌日は晴れてくれと願いながら眠りに就いたのですが、その願いが天に通じたのか昨晩の嵐が嘘のように快晴となりました。
やはり日頃の行いでしょうか笑。日本より北に位置し、もしかして寒いかなと心配しつつやってきたのですが、お天気が本当良くなって暖かくちょっと暑いくらいでした。

ノバスコシア州の観光は、ハリファックス在住の熟知されたガイドさんの元、行いました。本当頼りになるガイドさんで何でも答えてくれます。

思いきり晴れているので車窓からの景色が全て色鮮やかに目に飛び込んできました。

まず向かったのが南岸にあるペギーズコープです。この辺りはずっと海岸線に灯台があることからライトハウスルートと呼ばれるところです。

ペギースコープ20170606_0614カナダ

ここは小さな漁村で海、灯台だけでなくその漁村自体も絵になる場所なのです。
どこからともなくキルトの伝統衣装を纏ったおじさんが現れバグパイプで奏でてくれると本当に日本から遠路はるばるやってきたんだなあと実感しました。

バグパイプのおじさん20170606_0614カナダ
勉強不足だったのですがここは生田斗真と新垣結衣主演の映画「ハナミズキ」の舞台にもなっているそうです。皆さんも良ければご覧ください。泣ける映画だそうです。

続いてそのまま海岸線を走りマホーンベイへ。

マホーンベイ20170606_0614カナダ
ここも海岸線にあるところなのですが入江で奥まっていてとても穏やかなんです。
海と言われなければわからないかもしれません。ここは3つの教会が見られるところが写真スポットということでここで暫くストップです。

今日のメインとなるルーネンバーグへとバスを走らせます。

ルーネンバーグ20170606_0614カナダ
ここも漁の町として築かれたところなのですが、もしくはカラフルタウン!町の建物がそれぞれ色鮮やかに立ち並んでいるのです。
何でもお家の外壁は船で使って残った塗料を使っているそうで雨風に強いそうです。
また長い漁から戻って来ると皆好きな色を家に塗っていたので遠くからでもすぐに自分の家がわかったそうです。

ルーネンバーグ02_20170606_0614カナダ
なるほど。。。
今では全く意味合いが違ってしまったかもしれませんがとても可愛らしい町が世界遺産にも登録されて観光客の目を楽しませてくれてます。

ここで昼食を摂った後はそのまま自由散策しました。この綺麗な町並み、そして気持ちの良いお天気、何時間でも散策しててもいいかなと思わせてくれる町でした。

ルーネンバーグ03_20170606_0614カナダ

次にルーネンバーグを後にして、いざ北岸にあるフェリー乗り場へ。
今回はプリンスエドワード島がメインとなりノバスコシアの滞在は僅かに1日だけだったのです。再発見!!!
ノバスコシアももっと見てみたい!!!
カナダというとナイアガラの滝、ロッキーの山々、メープルの紅葉などがすぐに思いつくのですが、いやいやこんなところにも良きカナダがあるのです。
そういやカナダ建国は東から始まってるんですもんね。

パート2は船で渡ってプリンスエドワード島です。お楽しみに♪ ♪ ♪

EMClogoV1-300x210