またまたスイスへ🇨🇭

こんにちは。EMC旅行担当者です。
まだまだ暑いですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。ムンムンとする暑さでくれぐれも熱中症対策には万全を期してください。

さて今回はまたまたスイスへ行ってまいりました。今年は4月に続いて2回目となるんですが、夏の観光シーズン真っ只中!観光客がうじゃうじゃやって来ておりました(あ、失礼)

たくさんの観光客が世界中から集まる中、もちろん日本からもたくさんやって来ておりました。マッターホルンの見える町ツェルマットにもたくさんの日本人がいて「ここは日本か?」と思えるほどです。

今回はツェルマットからゴルナーグラート鉄道に乗って15分ほどでリッフェルアルプという駅に到着。そしてそこからかわいいトロッコ列車に乗って3分ほどで山の中の五つ星リゾートホテル「リッフェルアルプ・リゾート2222」に到着します。名前からもおわかりの通りこのホテルは標高2222メートルの地点に築かれてるのです。そしてこのリッフェルアルプにはほかに建物やホテルがなりません。ということでとっても静か!そして真正面にはマッターホルン!!このホテルに泊まった者だけの特権なのです。

riffelalp2

Riffelalp5Riffelalp4

 

ホテルは落ち着いた重厚な雰囲気、そしてお洒落。日本人とはセンスが違って何でもお洒落にしちゃいますよね。チェックイン時にレセプションで「ホテル内ではお静かに願います。」と。見抜かれたのかと思うと、そうではなくどのお客さんにも言われてるみたいでした。

Riffelalp3

廊下にいる無数の羊の置物。ガラス板を支える熊のテーブルや熊のランプなどなど。落ち着いた雰囲気の中にも、かわいい要素が散りばめられています。

IMG_0763IMG_0764

中でも感動したのがシャワートイレ!スイスでは初めてだったのでびっくり!山の中でですよ。日本じゃもちろん一般的ですし最近じゃ日本のシャワートイレを知っている外国人も体験済みの外国人もいますがスイスの山奥にシャワートイレがあるなんて、感動すら覚えます。

夕食も滞在中はホテル内のレストランでいただきました。ここでの感動は朝からスパークリングワイン!結構ヨーロッパでは朝食のビュッフェに置いてあるところはありますし、スイスのシルトホルンという展望台にある回転レストランにある「ジェームスボンドの朝食」の中にはスパークリングワインがあるんですが、一般的なスイスの朝食ではあまり見かけたことはないです。ということで朝から1杯、2杯…と頂きました。

Riffelalp7

2泊の滞在でしたので、2日目には部屋の掃除やベッドメイクをやってくれるのですが、部屋に戻るとベッドの上には「ロクシタンのハンドクリーム」が置いてあったんです。さすがですね。

Riffelalp10

ということで、いつもと違ったスイスのツアーだったんですが、今回は「リッフェルアルプ・リゾート2222」に酔いしれました。辛口批評をしている私ですが、このホテルには大満足致しました。今季はもう1回スイスへ行って参ります。やっぱり夏のスイスは日本人に大人気です。スイスのPCに「EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町」!

Riffelalp13スイスのホテルのPCに「EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町」!

H30年天神祭

さて、本日から【天神祭】です。
明日7/23(月)は、ギャル神輿
明後日7/24(火)は、宵宮
明々後日7/25(水)は、本宮 陸渡御 ・船渡御

最終日の花火は午後7:30頃~午後9:00まで
場所はこの辺り↓
http://www.nnn.co.jp/dainichi/suitosai/access/index.html

日本三大祭随一で年に1度、御祭神のお出ましを祝う奉納花火。
船渡御などの神事を盛り上げる。
130万人の人出が予想され、2カ所から計5,000発を打ち上げます!
多くの人出ですが夜店もたくさんあって楽しいですよ~。
もし、お時間がございましたら是非訪れてみてはいかがでしょうか。
※団扇や扇子、フェイスタオル等は必須かも…

年末大掃除と新年の準備

皆様、こんにちは!!

今年も残り3日となりましたね。

あっという間の1年だったように思います。

皆さんは、大掃除と新年を迎える準備はお済ですか???

当社運営の訪問看護ステーションでも、スタッフ全員で訪問時間の合間を見つけては手分けして大掃除しています。

今年の汚れや埃は、今年のうちに綺麗さっぱりとして新年を迎えたいものです。ステーション事務所も床のワックスかけや窓拭きなど普段毎日は掃除できない箇所を念入りに掃除しました。

大掃除大掃除2窓拭き

 

 

 

 

訪問時に必要な電動アシスト自転車も洗車してワックスかけしてピッカピカです。

電動アシスト自転車自転車洗車

 

 

IMG_2508

 

大掃除の後は、新年を迎える準備です。

事業所には先日周年でたくさんの胡蝶蘭をいただいていたので、華やかな空間なんですが、一応お正月らしい雰囲気も必要かと思い入口にかわいいミニミニ門松と事業所内にはおしゃれな松の置物を飾りました。

IMG_2480

IMG_2481

 

 

 

 

 

 

これで、新年を迎える準備は万全です!!

年末のお掃除や新年を迎える準備がまだの方は、あと3日はありますのでお急ぎくださいね(^o^)/

2017年夏・総括~PART 2~

こんにちは。お元気ですか。前回のスイスに引き継づいてのパート2です。

今回はスペイン。ヨーロッパの定番人気観光国なんですが、先日第2の都市バルセロナでテロが発生し13人が犠牲となり100人以上の方が負傷しました。なんと惨いことをするのでしょうか。一刻も早くこういう悲しい出来事がなくなるようにと願うばかりです。そういう思いを込めお伝えいたします。

今回は真夏の訪問ということで気温は43度!暑い。そりゃ当然ですよね。ただ日本と違うのは湿気がない。日差しは勿論強いのですが日陰に入れば凌げる暑さなのです。マドリード、コルドバ、セビージャ、グラナダ、バルセロナといった定番都市は必ずと言っていいくらい訪れます。今回私が10年振りに訪れた町をご紹介します。

アンダルシア地方のロンダという町を訪れました。ここは崖の上の町。来てみても崖の上なので気づかないんですが崖の淵に来るとよくわかります。新市街から旧市街に入る時に2つの岩山を繋ぐようにヌエボ橋(新橋)が掛かってるんですが崖の下まで100m。橋から覗き込むと足がすくんでしまいそうです。またこの町はスペインの国技とも言われる闘牛で有名な町。近代闘牛を確立させた英雄フランシスコ・ロメーロが生まれ、世界で初めて円形の闘牛場ができたのがこのロンダなんです。小さな町なんですが見る価値は十分にあります。そして織田裕二さん主演の映画「アンダルシア 女神の報復」の舞台にもなりました。

IMG_4136 IMG_4138 IMG_4152

そしてアンダルシア名物のフラメンコフラメンコというとスペインのイメージとして定着してますがその本場と言えばアンダルシア。その中でもグラナダの洞窟タブラオ(フラメンコが行なわれる場所)は最も迫力あるフラメンコが見られる場所ではないでしょうか。丘の町の中にあるタブラオで小さな車かタクシーなどを使って移動します。細長い洞窟はかつてジプシーが生活で使っていたもので、そういった歴史背景もありより一層フラメンコに情熱を加えます。一言でフラメンコの魅力を伝えるのも難しいのですが、一気に吐き出される人間の内なる激しい思いをまざまざと見せつけられるんですね。

IMG_4184

私が大好きなスペイン料理がパエリア。何と言ってもお米が入った料理ですからね。バレンシアが発祥と言われてるんですが、元々はウサギの肉などが入った山の幸の料理だったんです。次第にアレンジされていき日本人も大好きなシーフードパエリアなどが登場しました。やっぱりシーフードがいいですよね。因みにお米はイスラム教徒がスペインに持ち込んだものなのです。お米のほかオレンジ、サフランなんかも北アフリカから。ということは今のスペイン料理というとイスラムと大きな関りがあるんです。料理だけではなく特にアンダルシアで見られる美しいブルータイルも、アルハンブラ宮殿に代表される建築物もイスラムなくしてありえないものばかりです。だからほかのヨーロッパの国々とはまた違った魅力があるんです。

バルセロナに来るといつも訪れるレストランでパエリアをいただきました。何と出てくるまでに50分待ち。気長な私も怒って帰ろうかなと思ったくらいです笑。こちらの人は本当に気にしないんですね。でも美味しかったんで許します。

IMG_4201

このレストランはバルセロナの一番の繁華街ランブラス通りあるんです。ここは誰もが訪れる場所、一年中人の波が絶えることのない場所。日本から訪れる観光客もここは必ずやってきます。誰もが楽しい時間を過ごす為にやって来るこの場所を狙ってテロが行われたことには憎悪のほか言葉が受かりません。バルセロナやスペインの人たちが早くこの悲しみから立ち直り明るい笑顔を見せてくれるのを楽しみにしています。

EMC(ヨコ)

 

 

 

 

2017年夏・総括~PART 1~

こんにちは、旅行事業担当者です。早いもので8月も終わろうとしてますね。ということで今年の夏を振り返りご紹介できていない、行ってまいりました国や地域を皆さんにお伝え致します。

まず私の2017年夏はスイスから始まりました。スイスの三大名峰というとマッターホルン、ユングフラウ、そしてモンブラン(正確にはフランスとイタリアなんですが)です。

最初にユングフラウ(標高4158m)へ。その麓の町ヴェンゲンを起点に鉄道で標高3454mにあるユングフラウヨッホ駅へ。ヨーロッパの鉄道駅で最も高いんです。ユングフラウヨッホ展望台のすごいところは駅、展望台、氷の洞窟、雪原といろんなものが入った複合施設なんです。びっくりするのがこの登山鉄道の開業が1912年で100年以上前には走ってたんです。それ以降2年だけ赤字になったようですがずっと黒字鉄道なんです。ここではなんとかユングフラウが見られました。※ユングフラウヨッホ山頂郵便局と富士山五合目簡易郵便局の姉妹締結20周年を記念し日本の懐かしい郵便ポストが設置されてます。

IMG_3439 IMG_3442 IMG_3446 IMG_3449 IMG_3459 IMG_3465

2番目に訪れた山がモンブラン。名前はお菓子にもあるのでとても有名ですよね。標高4810mで西ヨーロッパの最高峰です。(因みにヨーロッパ最高峰はロシアのエルブルス山で5642m)フランスのシャモニーという町からロープウェイに乗って展望台へ行くのが一般的です。ここがすごいのが今から約60年前に建設されたロープウェイに乗って標高1035mのシャモニーから標高3777mの展望台エギーユ・デュ・ミディ駅まで進むのです。途中、中間駅で乗り換えをし20分程で一気に高低差2700m、夏から冬へと逆転です。ここは夏でも雪が降ったりするので防寒具が必要です。残念ながらモンブランは恥ずかしがって顔を見せてくれませんでした。※「Step Into The Void」(虚空への一歩)と名付けられた5面ガラス張りの小部屋があり約1000m下まで何にもなく空中散歩しているようなスリルを味わえます。

IMG_3499IMG_3476

最後の山は言わずと知れたマッターホルン。あの独特の稜線が世界中の登山家を惹きつけるのでしょう。標高4478mの山の麓にはツェルマットというかわいらしい町があります。小さい町なんですが夏になると日本人町かと思うくらい日本人が大挙押し寄せます。それだけ魅力的なんですね。またガソリン車は一切禁止なので走っているのは電気自動車のみ。こちらもまた登山鉄道で40分乗ると標高3089mのゴルナーグラート展望台に到着。私、自慢じゃないですがここに来て山が見れなかったことはないくらい晴天率高いんです。この日もばっちりマッターホルンを拝めました。マッターホルンはほかの山と違って何か人を惹きつける魅力があるんですね。

IMG_3575IMG_3554IMG_3530IMG_3570

いつも感心させられるのがどの山、どの展望台へ行っても水洗トイレがあることです。結構重要じゃないですか。快適に用を足せます。

そして途中の移動には氷河特急に乗車しました。世界一遅い特急なんです。その分ゆったりできました。スイスは何度行っても飽きさせない所ですね。

最後にスイスの夏は暑い!というのが今年の感想です。ツェルマットで32℃ありました。

PART 2 へと続く。

 

タイ王室のリゾート地・ホアヒン

皆さん、こんにちは。旅行事業担当者です。お元気ですか?お久しぶりです。

今回はタイのホアヒンという街へ行ってきました。毎年夏に家族を引き連れ、「添乗員」をしているのですが今年は8名の大所帯で行ってまいりました。というのも夏の観光シーズン真っ盛りということで価格や混雑を考慮すると選択肢がなくタイに決まりました。タイもいろいろと行かせていただいておりますが、そんな中どこが面白いだろうと思っておりました。私、前々から一度行ってみたい、いや、やってみたいことがありました。それはタイのヴィンヤードで象に乗る!ヴィンヤードとはワイン作りのためのブドウ畑なんですがそこで象に乗って周ることができる場所があるのです。それがタイのホアヒン。タイでワインが作られているというのも驚きなのですがそこで象に乗られるのは世界広しといえどもこのタイだけです。という訳で私の独断と偏見でホアヒンに決定!

ホアヒンは元々タイ王室のリゾート地として知られている所で街には活気がありますがどことなく落ち着いた気品漂うところなのです。何年前か日本人旅行客が品のない行動で大ひんしゅくを買いましたがもってのほかなのです。

タイというと暑いイメージがあります。もちろん暑いことに間違いはないのですが、日本の夏の殺人的な暑さを考えると幾分過ごしやすいです。観光には適さない雨季になるのですが、その分日差しが遮られます。もちろん暑さ対策はしなければなりませんのでこの時期にタイへ行かれる場合はご注意ください。

IMG_4281 IMG_4289

まず早朝首都のバンコクに到着し、ここから手配した専用バンに乗り中部の街ホアヒンへは200km、休憩を挟んで3時間のドライブ。到着した日はフライトの疲れもありしばらく休んでから夕食に合わせて街へ出かけました。宿泊している所はチャアムというエリアでホアヒンからは車で20分。街の騒々しさからは離れているので静かに滞在できる場所です。ホアヒンまではタクシーで移動。タイに来るとナイトマーケットが面白いですよね。毎日このように賑やかであるとはそのパワーを感じます。

IMG_4293

次の日、このツアーのメインイベント、ヴィンヤードへ。内陸に位置しており車で1時間弱。「モンスーン・バレー・ヴィンヤード」という名前でなんともタイらしい。到着するとそのまま受付へ。この時期ホアヒン自体が観光シーズンでもないので予約なしで手続きが終了。待つこと45分。いよいよ象に乗ってブドウ畑を周りました。象の上という事でゆっさゆっさと揺られながらの15分。30分コースもあるのですが15分で十分です。ブドウ畑と象、何とも不思議な光景です。いつしか偶然雑誌で見たブドウ畑を周る象がまさにここに!終わるとそのままヴィンヤードにあるレストランでランチをいただきました。ここはヨーロッパスタイル。店員さんも流暢に英語を話します。という事でメニュはヨーロピアン、私はシーフード・パスタをいただきました。もちろんここで作られているワインも忘れずに注文。厳密に言うとここで採れたブドウはバンコクへ運ばれてワインへと加工されるようです。ワインは少し酸味がありフルーティで美味しくいただけました。パスタはタイ風の味付けなのか辛く仕上がってました。メンバーの中には辛いのが苦手な者がいますので辛さは少ーしだけとお願いしたのですが…それでも辛い!郷に入っては郷に従えです。本当にここだけ見てるとタイなのかヨーロッパなのかという錯覚に陥ります。ヴィンヤードを堪能し再びホテルへ。

IMG_4377

IMG_4354

IMG_4316IMG_4349

IMG_4472

IMG_4473

ホアヒン最終日は街郊外にある水上マーケットへ行き散策し、夜はホテル近くのレストランで夕食、そしてそのままマッサージ店へ。とにかくタイはどこに行ってもマッサージ店がありそして安い。足マッサージを受けたのですが1時間で250バーツ。日本円にすると900円位です。しっかりと揉みほぐしてもらい癒されました。

IMG_4427

最終日はバンコクへ移動しお買い物&最後の晩餐。買い物は定番の「マーブン・クロン・センター」でタイシルクのスカーフやレモングラスのお香などを買い、夕食はちょっと背伸びをし、口コミでも人気のタイ北部料理レストランへ行ってまいりました。「タイ・ラオ・イェー」というレストランでホテルの中に入っているんですが、ホテル自体コロニアル風の建物で内装も調度品もとても趣のあるものばかり。100年以上前のものであろうかルイ・ヴィトンのトランクや鳥かごなどオーナーのセンスが感じられるものがたくさん飾られています。気になって聞いてみると建物は5年前に建てられた新しいもので古く見えるように造られているそうです。さすがに調度品はすべて本物。お洒落です。お食事は小皿料理のセットメニュで出してもらい全部で15種類ありました。足りないかなと思いきや結構お腹いっぱいになりました。定番のトムヤンクンも上品に仕上がってました。口も目も十分堪能しホテルへ。最後の夜を過ごし、翌日飛行機に乗り帰国の途へ。

IMG_4460

IMG_4461

IMG_4467

タイはどこへ行っても実に面白い。同じアジア人なのでより親しみも湧きますし、料理も美味しくいただけます。アジア人共通の感覚も持ち合わせているので何かと落ち着きますね。8月のタイというのも一つのお勧めです。

まだまだ残暑が厳しいですが熱中症にはどうぞお気を付けください。また世界のどちらからか旅のお便り致します。乞うご期待!

努力は報われる 〜 歓び 〜

今日は、吉報があります⭐️

EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町の若手のホープであります、理学療法士に担当のご利用者が決まりました!!

オープニングならではの、集客の大変さも苦とせず「自分を信じて」「仲間を信じて」がむしゃらに挨拶回りをしてくれている彼を皆知っているからこそ、決まった瞬間は皆で大喜び☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

自分の仕事を自らの力と努力で勝ち取った彼は、素晴らしいです!!

まさに前回アップしました『EMCのいい(E)話〜成功法則〜』の内容を実践したと思います‼️

http://wp.me/p6XPmf-gb

当ステーションの自慢のセラピストであります。

看護師さんからお祝いのメロンパンに囲まれて満面の笑みを浮かべているこの画像は実に良いと思いませんか?

IMG_6551

EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町の看護師もセラピストも事務員もみんなが互いを支えあい、いい意味で切磋琢磨しており、とびっきり良いメンバーが揃っており、自慢のステーションです( ´ ▽ ` )ノ

皆んなで歓びを共有できるって素晴らしいことだと思います!!

次は、誰が??

お楽しみに*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

EMClogoV1-300x210

3・11

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日、東日本大震災から丸5年が経ちました。私達関西人は、阪神淡路大震災は忘れる事が出来ない出来事でしたが、東日本大震災では大津波や原発事故があったりと、大被害をもたらした震災でしたよね。

犠牲者は1万5894人にのぼり、まだなお2561人の行方が分かっていません。

避難者は17万人を超え、今もなお、約5万9000人が仮設住宅での暮らしを続けているとのことです。

今、テレビのニュースでは東日本大震災の事がたくさん取り上げられています。本当にこんな大きな災害は風化させてはいけない出来事だと思います。

5年が経ちますが、まだ完全な復興には至っていないという現実があります。

全ての犠牲者のご冥福と被災地の1日も早い復興『福光』を願います。

hijouyou_mochidashi_bag

災害が起こった直後は皆さんも意識して防災グッズなどを準備される方も多いと思いますが、災害が起こって数年が過ぎてしまうとどうしても忘れがちになると思います。そこで、今回は災害時の準備物をお伝えさせてもらいます。

<家庭で用意しておくべき災害時の準備用品リスト>

■飲料水 
1人1日3リットルが目安
(家族3人で2リットルペットボトル12本~18本用意:飲用のみで3~4日分)

■非常食
保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品(レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など安価な日用品をストックして古いものから消費していけば良い)。保存可能期間2年~5年のものが理想的

■医薬品
常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、整腸剤、持病のある方はその病気のための薬(薬品名のメモも)
※小児、高齢者のいる家庭は別途必需品を用意

■衣類
重ね着の出来る衣類、防寒具、毛布、下着類、靴下、軍手、雨具、カイロ

■停電時用
懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ、予備の電池
※携帯ラジオは手巻きの充電式が便利。最近のものは携帯も充電できる。

■避難所への持ち込み用グッズ
着替え、毛布、布団、寝袋、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類、スプーン

■緊急時の避難・救助用
笛、コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯、シャベル、バール、ノコギリ、ハンマー等の工具

■貴重品
現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証など

■長期避難用アウトドアグッズ(キャンプ用品で可)
燃料、卓上コンロ、ガスボンベ(予備ガスは多めに用意)、固形燃料、調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート 断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ(マンション住民は必須)、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)

■役に立つ日用品
布粘着テープ(油性マジックを使ってメモに使用したり、ガラスの破片を取るときに利用できる)、ラップ(水不足の時に食器に使用、保存など多用途に使える)、梱包用ひも、風呂敷、ダンボール

非常持ち出し袋にいれておくもの(一次持ち出し品)

飲料水(500mlペットボトル数本)
非常食(菓子類・ゼリー状の食品)
医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など)
簡易食器セット(家族分)
衣類(防寒具)懐中電灯
携帯ラジオ 電池 現金(10円玉も)
貴重品
ローソク・マッチ・ライター
ロープ・ビニールシート・雨具
ナイフ、ハサミ、タオル(大小)
洗面道具(旅行用で可)ウェットティッシュ ビニール袋
携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具

災害時にあると便利なもの(二次持ち出し品)

裁縫セット、ランプ、ランタン、ヘッドランプ、カイロ、サバイバルシート、折り畳みポリタンク、車輪付き旅行バッグ、台車、かご付き(荷台付き)自転車、小型バイク 、キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用品一式)、非常用浄水器(町内会やマンション自治会などで用意)

避難所であると快適に過ごせるもの

耳栓、安眠マスク、携帯マクラ、菓子類

やはり、いつ災害が起こっても大丈夫なように防災グッズは常に準備しておく方ことが必要ですね。

 

訪問看護利用対象者について

皆さんいかがお過ごしでしょうか?以前1月のブログで訪問看護の利用法や利用までの流れについてお伝えさせていただきましたが、今日はどんな方が対象なのかを詳しくお伝えしたいと思います。

訪問看護は介護保険事業の中でも唯一、みなし医療機関として位置づけされており、介護保険以外にも医療保険での利用が可能となっています。という事は、医療保険証をお持ちの方であれば、訪問看護を利用する事が可能なんです。

<訪問看護利用対象者>

・介護認定を受けた方で要支援1~2、要介護1~5に認定された方。

・介護認定を受けたが、非該当や自立と認定された方で医療保険をお持ちの方で医師が訪問看護の必要性があると認めた方。

・40歳未満の方で医療保険をお持ちの方で、医師が訪問看護の必要性があると認めた方。

<医療保険で訪問看護を利用するには>

・弊社に一度お問い合わせください。弊社からかかりつけ医師と連絡をとり指示を受け、訪問看護サービスを提供いたします(平成28年4月1日~適応)

・かかりつけ医にご相談下さい。適切な訪問看護ステーション、もしくは病院等の訪問看護機関に指示が出て訪問看護サービスを提供いたします。

<医療保険証をお持ちで介護認定を受けており、要支援または要介護の認定をお持ちの方で訪問看護を利用される方>

・優先的に介護保険での訪問看護のご利用となります。ただし、疾病の種類や主治医からの訪問看護指示書の種類によっては医療保険での訪問看護のご利用となります。

ご利用の事についてわからない事があれば、どんな事でもけこうですので、いつでも弊社にお問合せして下さいね。

エフェクトメディカルケア サービス スタッフのブログ

 

 

ひな祭りの秘密

みなさん。いかがお過ごしでしょうか?今日は3月3日ひな祭りですね。女の子がいるご家庭ではひな人形を飾っているのでしょうか?つい先日テレビで見たんですが、今風外見のひな人形が売り出されているみたいですね。どんな外見かというと、お内裏様とお雛様の衣装は黒で、お雛様の髪の毛が若干茶髪になっていました。こういうお雛様を見ると時代は変わったんだなって感じてしまいます。

さて、今日はひな祭りにつてちょっと掘り下げてご紹介させていただきたいと思います。

hinamatsuri_sanninkanjo

<ひな祭りの由来は?>

ひな祭りの由来を知るには、2つの話を説明する必要があります。

まず1つ目の話は、「上巳の節句」についてです。上巳の節句とは中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。

また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今で言うところの「おままごと」が流行っていました。これを「ひいな遊び」と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」が誕生しました。

さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく家で飾るように変化していきました。

これが、ひな祭りの由来と言われています。

 

<ひな祭りの意味は?なぜひな祭りをするの?>
ひな祭りの元となっている上巳の節句では、特に女の子の為の日という概念はなく、男女共通の行事として厄払いや邪気祓いが行われていました。

しかし江戸幕府は、それまで日付が変動していた上巳の節句を三月三日と定め、さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の日と決めたのです。

こうしたことから、ひな祭りとは単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、今のひな祭りとなっていったのです。

flower_momo

<なぜ、ひな祭りに桃の花や雛人形を飾るの?>
ひな祭りに雛人形を飾るのは、昔の人形(ひとがた)や流し雛の風習の通り、お雛様に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうためです。

また、厄払いの意味があるので一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けるべきとされ、遅くとも2月の中旬くらいまでには飾らないといけないと言われているのです。

また、桃の花には元々「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていました。中国では上巳の節句には、桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っており、また旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです。

ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからなんだそうです。

私は今まで、女の子の節句がひな祭り。男の子の節句が子供の日。ただそれだけなんだと思っていましたが、結構奥が深い事を今回初めて知る事が出来ました。色々調べてみていい勉強になりました。