ひな祭りの秘密

みなさん。いかがお過ごしでしょうか?今日は3月3日ひな祭りですね。女の子がいるご家庭ではひな人形を飾っているのでしょうか?つい先日テレビで見たんですが、今風外見のひな人形が売り出されているみたいですね。どんな外見かというと、お内裏様とお雛様の衣装は黒で、お雛様の髪の毛が若干茶髪になっていました。こういうお雛様を見ると時代は変わったんだなって感じてしまいます。

さて、今日はひな祭りにつてちょっと掘り下げてご紹介させていただきたいと思います。

hinamatsuri_sanninkanjo

<ひな祭りの由来は?>

ひな祭りの由来を知るには、2つの話を説明する必要があります。

まず1つ目の話は、「上巳の節句」についてです。上巳の節句とは中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。

また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今で言うところの「おままごと」が流行っていました。これを「ひいな遊び」と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」が誕生しました。

さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく家で飾るように変化していきました。

これが、ひな祭りの由来と言われています。

 

<ひな祭りの意味は?なぜひな祭りをするの?>
ひな祭りの元となっている上巳の節句では、特に女の子の為の日という概念はなく、男女共通の行事として厄払いや邪気祓いが行われていました。

しかし江戸幕府は、それまで日付が変動していた上巳の節句を三月三日と定め、さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の日と決めたのです。

こうしたことから、ひな祭りとは単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、今のひな祭りとなっていったのです。

flower_momo

<なぜ、ひな祭りに桃の花や雛人形を飾るの?>
ひな祭りに雛人形を飾るのは、昔の人形(ひとがた)や流し雛の風習の通り、お雛様に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうためです。

また、厄払いの意味があるので一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けるべきとされ、遅くとも2月の中旬くらいまでには飾らないといけないと言われているのです。

また、桃の花には元々「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていました。中国では上巳の節句には、桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っており、また旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです。

ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからなんだそうです。

私は今まで、女の子の節句がひな祭り。男の子の節句が子供の日。ただそれだけなんだと思っていましたが、結構奥が深い事を今回初めて知る事が出来ました。色々調べてみていい勉強になりました。