赤毛のアンの故郷~プリンスエドワード島・パート2

皆さん、こんにちは。

カナダのパート2になります。

今回は前回に続きにカナダの東からお届けします。かなりお待たせいたしました。

さて、前回からの続きです。ノバスコシア州の観光を終えいよいよアンのいるプリンスエドワード島へ行くのですが、行き方は2通りあります。橋を渡るか、船で渡るか。

IMG_3230

私たちは赤毛のアンと同じく船で渡りました。こちらの方が情緒があります。

船で1時間余り、束の間の船の旅です。中には小さいながらもカフェテリアがあります。この日は夜な夜な到着しましたので(とはいうもののまだ明るい)そのままホテルで就寝。

改めましてプリンスエドワード島の観光へ。プリンスエドワード州の州都になっているシャーロットタウンはカナダの建国に関わっている街なのです。こんな小さな街(といったら失礼ですね) この街では買い物やお食事を摂りました。州で島で一番の繁華街なのでやはり買い物しちゃいますね。

IMG_3263IMG_3236IMG_3251

プリンスエドワード島は一番は赤毛のアンに代表されるようにアンにまつわる地を巡る観光が代表的なんですが、プラス今、料理が熱いんです。地産地消を奨励してるんですがロブスターやムール貝などの海産物や牛肉、乳製品などの畜産物がカナダの中でもとても美味しいということで美味しいレストランがたくさんあるんです。ロブスターの缶詰をお土産物として買って帰る方もたくさんいらっしゃいます。私もこの滞在中たっぷりのロブスターやたっぷりの牛肉バーガーをいただきました。美味しいの一言に尽きます。

メインは赤毛のアンの舞台・キャベンディッシュへ。ここまで来ると本当に田舎街。シャーロットタウンから小1時間しかかからないのですがとても静かでのどかなところです。まさに赤毛のアンの世界!アンが暮らした家を忠実に再現した「グリーンゲーブルズ・ハウス」、グリーンゲーブルズ郵便局、作者であるL.M.モンゴメリの生家やお墓、実際にモンゴメリが勤めていた「グリーンゲーブルズ郵便局」などなど赤毛のアン好きの方には堪らない観光地がたくさんあります。

IMG_3325 IMG_3329 IMG_3334 IMG_3338 IMG_3349 IMG_3351 IMG_3353

また、海の幸に恵まれたプリンスエドワード島に来たら何と言ってもロブスター!(残念ながらあまりの美味しさに撮り忘れました!すみません。)大きなロブスターでかなりの食べ応えでした。味も◎。

プリンスエドワード島というとやはり赤毛のアンの影響もあり女性のお客様が多いのですが、男性も間違いなく楽しめる観光地です。

赤毛のアンの故郷〜プリンスエドワード島・パート1〜

皆さん、こんにちは。
ご無沙汰しております、旅行事業担当者です。

梅雨入りしたものの雨が降らず、なんだか夏になってしまったようなお天気ですね。

そんな中、私は日本から1万キロと離れたカナダのノバスコシア州とプリンスエドワードアイランド州へ行ってまいりました。
この2つの州ですがカナダの東端に位置し、アトランティックカナダのと呼ばれる4州の中にあります。

まず大阪伊丹空港から出発し、羽田→トロント→ハリファックスへと大移動となりました。
大方1日半の空の旅だったんですが到着したその日は嵐。
久々に飛行機の揺れを体感しノバスコシア州の州都ハリファックスに到着しました。
その日は夜遅くに到着しましたのでそのまま就寝しました。

翌日は晴れてくれと願いながら眠りに就いたのですが、その願いが天に通じたのか昨晩の嵐が嘘のように快晴となりました。
やはり日頃の行いでしょうか笑。日本より北に位置し、もしかして寒いかなと心配しつつやってきたのですが、お天気が本当良くなって暖かくちょっと暑いくらいでした。

ノバスコシア州の観光は、ハリファックス在住の熟知されたガイドさんの元、行いました。本当頼りになるガイドさんで何でも答えてくれます。

思いきり晴れているので車窓からの景色が全て色鮮やかに目に飛び込んできました。

まず向かったのが南岸にあるペギーズコープです。この辺りはずっと海岸線に灯台があることからライトハウスルートと呼ばれるところです。

ペギースコープ20170606_0614カナダ

ここは小さな漁村で海、灯台だけでなくその漁村自体も絵になる場所なのです。
どこからともなくキルトの伝統衣装を纏ったおじさんが現れバグパイプで奏でてくれると本当に日本から遠路はるばるやってきたんだなあと実感しました。

バグパイプのおじさん20170606_0614カナダ
勉強不足だったのですがここは生田斗真と新垣結衣主演の映画「ハナミズキ」の舞台にもなっているそうです。皆さんも良ければご覧ください。泣ける映画だそうです。

続いてそのまま海岸線を走りマホーンベイへ。

マホーンベイ20170606_0614カナダ
ここも海岸線にあるところなのですが入江で奥まっていてとても穏やかなんです。
海と言われなければわからないかもしれません。ここは3つの教会が見られるところが写真スポットということでここで暫くストップです。

今日のメインとなるルーネンバーグへとバスを走らせます。

ルーネンバーグ20170606_0614カナダ
ここも漁の町として築かれたところなのですが、もしくはカラフルタウン!町の建物がそれぞれ色鮮やかに立ち並んでいるのです。
何でもお家の外壁は船で使って残った塗料を使っているそうで雨風に強いそうです。
また長い漁から戻って来ると皆好きな色を家に塗っていたので遠くからでもすぐに自分の家がわかったそうです。

ルーネンバーグ02_20170606_0614カナダ
なるほど。。。
今では全く意味合いが違ってしまったかもしれませんがとても可愛らしい町が世界遺産にも登録されて観光客の目を楽しませてくれてます。

ここで昼食を摂った後はそのまま自由散策しました。この綺麗な町並み、そして気持ちの良いお天気、何時間でも散策しててもいいかなと思わせてくれる町でした。

ルーネンバーグ03_20170606_0614カナダ

次にルーネンバーグを後にして、いざ北岸にあるフェリー乗り場へ。
今回はプリンスエドワード島がメインとなりノバスコシアの滞在は僅かに1日だけだったのです。再発見!!!
ノバスコシアももっと見てみたい!!!
カナダというとナイアガラの滝、ロッキーの山々、メープルの紅葉などがすぐに思いつくのですが、いやいやこんなところにも良きカナダがあるのです。
そういやカナダ建国は東から始まってるんですもんね。

パート2は船で渡ってプリンスエドワード島です。お楽しみに♪ ♪ ♪

EMClogoV1-300x210

カナダ・ケベック

みなさん、地球の裏からこんにちは!(こんばんは?)

旅行企画事業担当者より!!

私は、今カナダのケベック州にいます。

image

時差が日本より13時間遅れなので日本の裏側といってもよいのではないでしょうか。

EMCの旅行部門の視察として少しケベックのことをご紹介させていただきます。みなさん、ケベック州とはどういうところかご存知ですか?広大なカナダの東側に位置しここはフランス語圏。公用語がフランス語です。ですから日常的には現地の方はフランス語を話します。ただ殆どの人達は英語も話します。

バイリンガル…羨ましい。

世界的歌手のセリーヌ・ディオンはケベック州モントリオール郊外出身です。ケベック州の州都はケベック。区別するためケベック・シティとも呼ばれます。その北米の中のヨーロッパ、ケベック・シティに滞在しております。

image
街の人口は50万人程、メキシコ以北では唯一の城郭都市。一歩街の中に入りますと、ここはヨーロッパ!飛び交う言葉もフランス語!本当にフランスの一都市にやってきたような感覚です。今はまだ春とも言えない季節ですがお天気が良くなると暖かな日差しを感じとても散策するにはよい時節となります。

image

城郭都市ということで丘の上に街の殆どが築かれています。道は整備されておりとても歩きやすいです。街の中には博物館が比較的たくさんあります。これは17世紀フランス人探検家がこの地に砦を築いたことで歴史が始まったことに由来し文化の伝承地ということが所以かと思います。色濃くフランス色が残るこの街の中にはたくさんレストラン、カフェ、バーなどが並んでいます。

image

私にとって興味深かったのがブルワリー(ビール醸造所)。とはいうものの工場とまではいかなくマイクロ・ブルワリーと呼ばれるものです。早い話がバーの中でビールを作っています。ですのでそれぞれのブルワリーでそれぞれの違った味が楽しめる訳です。ビール好きの私にとってこれほど楽しめる街もほかにありません。とはいうものの他の街にももちろんマイクロ・ブルワリーはある訳ですがケベック・シティにおいてはハシゴ酒(ハシゴビール?)がしやすい程よい大きさなのです。もちろん一軒だけでも何種類のビールを楽しめる訳ですがやはりブルワリー毎の味を楽しみたい!それがこのケベック・シティでは簡単にできるのです。飲み比べてみると本当にそれぞれが個性を持った味をしておりこれほどまでにビールとは味が違うものなのかと実感いたします。

あれ、知らない内にビール紹介になっていました笑。

image

これからも機会がありましたら世界の街紹介をしていこうかと思います。ただご紹介するだけではなく近々このEMCから何とツアーを出していこうかと思います。

皆様の中には、「旅行は行きたいんだけど体力に自信がない。」「持病があって海外旅行は控えないとなあ。」などとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。そういう方のために、じゃあ、どうやったら旅行にいけるのだろう。どうやったら安心して海外へ行けるんだろうとご提案させていただき、尚且つそれを形にして実現させようと予定しております。

もし、そういう思いをお持ちの方がいらっしゃいましたらお気軽にお声をお聞かせください。ケベック・シティの後はケベック州最大の街モントリオールへ参ります。

次回は、フランス視察です。ごきげんよう。