安全、安心で高品質な訪問看護・リハビリ・介護を自信をもってご提供致します。

Infrastructure

株式会社エフェクトメディカルケア 自費サービスにおける地域医療、介護保険事業者との連携について

自費サービスにおける地域医療、介護保険事業者との
連携について

EMCは、主治医・訪問介護ステーション・訪問介護ステーション、 ケアマネージャー、ほか医療機関や介護施設と連携し、地域の医療・介護、 福祉関係者と地域連携の一員として在宅サービスの提供を心がけております。

主治医との連携

在宅看護指示書をEMC宛作成していただき、医師の指示の下に看護サービスを提供します。

定期的な経過報告に加えて、状態に変化がある場合や緊急の連絡事項がある際は、素早く報告致します。

訪問看護ステーション、訪問介護ステーションとの連携

当社が運営する『EMCリハビリ訪問看護ステーション南森町』との併用も可能。
この場合、より緊密な情報共有と細やかで丁寧なサービスの提供が可能となります。
他の訪問看護ステーション 訪問介護ステーションとの連携の場合は、連絡ノートにて情報共有します。定期的な情報交換に加えて、状態に変化がある場合や緊急の連絡事項がある際は、素早く連絡対応します。

ケアマネージャーとの連携

ご家族も交え、ご家族のニーズと介護保険サービスの利用状況を踏まえた上での、EMCの利用方法について相談させていただきます。

定期的な経過報告やスケジュールのご連絡をします。

サービス提供開始前の連携

主治医、訪問看護・介護ステーション、ケアマネ他、関係者との連携の取り方
(連絡ノートの活用法や報告の時期・内容・緊急対応など)を確認します。

必要時は退院時カンファレンスに参加させていただき、在宅療法の方針などについて意見交換と情報提供を受けます。

サービス提供開始後の連携

看護・介護記録の報告をします。
  1. 主に連絡ノートを活用
    (ご家族・他事業者と共有)
    サービス提供時状態・特記事項を連絡ノートに記録していきます。
  2. 電話・FAX・メールを活用
    (連絡事項がある場合や緊急時には各ご担当者へ連絡)
  3. 看護記録表、介護記録表、熱計表などで細かな状態観察記録をしてご家族や在宅医、訪問看護ステーション、他事業者の方々と情報共有しております。

病院や他事業者との比較

EMCの在宅サービス 訪問介護ステーション
訪問看護ステーション
住宅方有料老人ホーム
高齢者施設・住宅
病院
ケアの頻度
ケアスタッフ滞在時間
24時間も対応
回数はご要望により対応利用方法も多様、マンツーマンの対応
滞在時間・訪問頻度に制限あり要介護度や病状により変わる 全ての入居者には目が届きにくい、個別ケアに限界あり(夜間の体制は手薄であるのが現状) 24時間のケア体制、医師、看護師、コ・メディカルスタッフ
(緊急時の素早い対応が可能)
ケア提供場所 ご要望の場所に訪問
(ご自宅・施設、外出先など場所を問いません)
ご自宅への訪問が中心 施設内に限定 病院内に限定
費用 全額自己負担(利用時間に応じた分が発生します)(保険適応外のサービスとなります) 保険適応で利用料の一部のみ自己負担(1~3割)(月間の利用限度額は要介護度によって決まっている) 入居金・月額料 保険適応で一部のみ自己負担
(1~3割)
サービス範囲 医療的ケアから介護までをサポート (胃ろう、吸引、点滴、呼吸器管理などの医療行為から、ご家族に代わって の日常ケアに至るまで対応します) サービス内容が限定的 施設により様々に異なる 医師、看護師による診療・治療と看護、介護(医療行為)
トップページへ戻る